2007年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
母と二人で
2007.04.26 (Thu)
映画を見ました。
久しぶりの映画です!
しかも一日に2本!

一本目は「碧き狼」
まず、池松壮亮君(以前ライオンキングで子役だった)の演技に感動!
手綱を持たずに弓を放つ姿に、
訓練したんんだろうなーと尊敬。
凛々しい菊川伶さんも素敵だった。
昔から好きな女優さんの一人、若村麻由美さんは惹き込まれるような瞳。
反町隆史さんもすごく男前でした。

そして何より、モンゴルの大草原。
この景色は圧巻!!

映画を見終わってから母と感想を言い合ったら
観ていたところは同じだった。
やっぱり親子。

2本目は「ハッピーフィート」
CGの超大作。
ふわふわのペンギンがタップにヒップホップ
踊る踊る!
地球の環境問題も説教臭くなくやんわりと取り入れ、
観たあとには幸せになれる作品。

帰りには父が合流して3人でご飯。
フードコートでそれぞれ好きなものを買って分けながら。

楽しい一日を過ごしちゃいました。

人気blogランキングへの扉
↑こんな私ですがポチっとお願いします☆

スポンサーサイト
【記事編集】 13:57 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:9 |  Top↑
癒し
2007.04.20 (Fri)
仕事の前に幼馴染にメール。
待ち時間に返信が来て
「終わったらプレゼントしたい」
・・・って。
なに?なになに??
プレゼントってなに?

メールでばたばたやりとりして
待ち合わせを決める。
仕事が終わってから待ち合わせの駅へ。

何が起きるのかさっぱりわからない。
プレゼントって?

友達は何も言わずに歩き出し
駅近くの建物に入る。

きれいなサロン。
アロマテラピー?
酸素バー?

にやにやした友達は「絶叫するかもね」

・・・ひょっとして・・・

足を温めてもらって、
ソファに座ったところで
「まだ何するか言ってないよね?
そろそろ言おっか?」と友達。

正解は絶叫フットマッサージ。

でも残念ながらフットマッサージ&足つぼは大好きなので
ちょっとぐらい

いや・・・結構痛くてもへっちゃらなのです(^_-)-☆

でも施術開始から5分後、
絶叫の代わりに、完璧に溶けた顔を見せてしまった。

あんなに気持ちよかったらなんの抵抗もできません。
痛いけどキク~~~っ!

今までなかなかマッサージに行かれなかったからありがたかった!!

その後は大好きなイタリアンに連れて行ってもらって
しゃべって、食べて、しゃべってしゃべって、食べる・・・。

お互いに悩み事をぶちまけ
げらげら笑って
そして食べる。

あ~~~~~~~~~~~幸せっ!

みなさんはどんな風に癒されていますか?

人気blogランキングへの扉
↑癒しのボタン?ポチっとお願いします☆
【記事編集】 11:46 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:9 |  Top↑
ピアノ発表会でした
2007.04.16 (Mon)
恩師が開くピアノの発表会があり、それを聴いてきました。
その恩師には音大を目指し始めた中学の終わりにつき、
大学院の1年まで習っていた。

その先生の門下生たちの発表会だったのです。
そこに私が学生の頃教えていて
四季に入って教室を閉めてしまった後、その先生のところに移ってピアノを続けている生徒さんも参加していたので、とても楽しみでした。


生徒さんたちの演奏を聴いていると、かつて自分の人生がピアノだけだった頃を思い出して、とても懐かしかった・・・。
楽しくただ弾くだけのピアノではなく
技術を身につけ、音楽性を伸ばして、いい演奏をしなくてはいけない。
だからまず指を強くしなければいけないし
よく回るように訓練しなくてはいけない。

ピアノに対する意識が変わった。
好きなことは大前提だけど、好きだけじゃ通用しない。
人前で弾いて、評価される。

プロ意識なんかには程遠かった私を
導いてくれたのが、その先生だった。
先生が奏でる音はロマンティックで
わたしもあんな、いい音で弾きたいとひたすら思い続けた。

発表会の演奏を聴きながら、
「あの頃」がよみがえる。
かつて私の家に習いに来ていた生徒さんも
もう中学3年。
受験勉強のために今回の発表会で、しばらくピアノをお休みする。
学校や勉強が忙しいのにちゃんと暗譜して発表会に臨んでいた。
小さかったあの子がしっかりと力強く弾いている。
演奏を聴きながら思わず手に力が入ってしまう。
無事に弾き終えた彼女を見て温かいものが体にこみ上げる。

大学卒業したての子たちの演奏があり、
懐かしい曲が続く。
そして最後には先生の演奏。

先生の演奏を聴くのは本当に久しぶり。
どきどきする。
そして
あの「音」は健在だった。
私が目指した音。
とうとう達し得なかった音。

その音が聴けて本当に良かった。

そして、いつかまたピアノと向き合う時間が来る。
っていうか、単純に弾きたいって思ってしまった。
でも、演奏会はしませんっ!
緊張して間違えるから(^^)

「お菓子を食べながら楽しく弾く会」
なんていいかも。

昔を思い出し続けた夜でした。。。

人気blogランキングへの扉
↑そんな私に応援にポチっとお願いします☆
【記事編集】 22:35 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:7 |  Top↑
大人の集まり
2007.04.13 (Fri)
父がお世話になった方を中心に年に数回、集まる会があり、
それに出席してきました。

主催者の方は以前、合唱団でもお世話になっていた方。

そして私を生まれる前から知っている方・・・(^^;

会社で偉い立場にいながら、指揮をやったり
歌ったり、弾いたりと多才な方々ばかり。

そんな中、急遽歌うことになり
びっくり!!

慶応を卒業後、芸大に行かれた方と「椿姫」の「乾杯の歌」を歌うことになってしまった。。。

びっくりしたけど、父も喜んでくれたみたいだし、
こんな日もあっていいのかな。

なんだか盛り上がりました♪

人気blogランキングへの扉
↑応援にポチっとお願いします☆
【記事編集】 01:56 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
「わたしもカトリーヌ~」感想ありがとう!!
2007.04.11 (Wed)
みなさんの感想、すっごく楽しいです。

前のブログに「私もカトリーヌ・ドヌーブ」の解釈を交えたあらすじを載せたけど、
その解釈と観ていただいた方の解釈が違っていても
どちらが正解とは言えないですよね。

例えそれが作者の意図と違ったとしても。

演出や演者の技量によっては
作者の意図よりももっと膨らんだ作品になりうる場合もあるし・・・。
↑ちなみにこれは私の経験談。

そして、観てくれた人が喜んでくれたり
何かを感じてくれたり
自分の生活と重ね合わせて考えてくれたり
その舞台のことをほんのちょっとでも思いだして考えてくれることが
何よりも幸せです。

そういう言葉をいただけると
やってよかった!!って思える。

それがなくなったらきっと続けていけないだろうなぁ・・・。

みなさんの感想をこれからも覗きに行きますね~~~!

人気blogランキングへの扉
↑応援にポチっとお願いします☆
【記事編集】 00:44 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:7 |  Top↑
カトリーヌ通信 これが最後
2007.04.09 (Mon)
舞台「私もカトリーヌ・ドヌーブ」
全10回の公演が皆様のおかげで無事、千穐楽を迎えることができました。

作家、翻訳家、演出、音楽監督、諸々のスタッフ
キャストの方に支えられ無事に終えることができました。

同時上演のギィ・フォワシィ「父の言い分」組のキャストの方とも一緒に楽しい時間を過ごしました!!

特に楽屋での盛り上がり方は・・・(*^_^*)
「私もカトリーヌ~」の台詞を楽しく使って冗談を言ったり
みんなでお昼を食べたり、明るく楽しい先輩に囲まれた、和やかな楽屋でした。それも昨日で終わり。名残を惜しみながら語り合いました。
稽古から毎日一緒だったから寂しいです・・・。


と、ここからは「私もカトリーヌ~」の内容など長々書きます。
ご了承くださいませ。

この台本を渡された時、「難しい」というのが第一印象。
でも面白く出来たら、いい舞台になるんじゃないかなって思った。

それからドヌーヴについて調べ、
出演作品を探し、
ヌーベル・ヴァーグを調べ、
アジャーニの作品を観て・・・
と、色々見たりしているうちになんとなく輪郭が見えてくる。


夫に捨てられた元キャバレー歌手の母。
女手ひとつで3人の子どもを育てる。
夫に捨てられたことで母の愛情は歪んで行く。
息子は引きこもり、父親の残した銃を撃ちまくる。
姉ジュヌヴィエーヴ(「シェルブールの雨傘」でのドヌーヴの役名と同じ名前)は自分をカトリーヌ・ドヌーヴだと思いこむことで
自分を成り立たせる。
妹マリーは母の言いつけを守り、恋人の甘い言葉や愛を否定する。その結果、恋人は目の前で投身自殺をし、マリーはリストカットを繰り返す。そして自分を母親だと思い、地下室をキャバレーに見たて、誰も見ていない中で歌う。歌っている間はリストカットの衝動を抑えられる。

きっかけは歯車がほんのちょっと壊れただけ。
バラバラになった家族の話す言葉はやっぱりバラバラ。

それは重く辛く哀しい現象だけど
まったくバラバラな言動はどこかおかしい。

誰もいない部屋で母親の衣裳をとっかえひっかえ歌ったり
ドヌーヴになりきってひたすら化粧をしたり
うさぎを持って外を歩き回ってみたり
「怖がらせてごらん」なんて姉が言えば
「ママに怖がらせてほしいって」と伝達する妹
それに「私は死んだ。ちょっと考えてみて、私は死んだって」
なんて言う母。
くまを見たら死んだふりをする、なんて場面を想像してしまう。

このバラバラっぷり。

どこか自分の家族に似ていたりする。
唐突に自分の考えたことだけ脈絡もなく喋る。
そんな台詞が続くのがおもしろい。

役者は台詞が与えられると
その台詞がどういう動機で語られるのか、
その気持ちの流れを考える。

でも言動はバラバラだから。
個々の役者がどう解釈するのか、
それを演出がどうリードを取っていくのか
その作業によって、この作品がおもしろい作品として世に打ち出せるかどうかが決まっていく。

実はこの作業、本番中も続く。

舞台に立ってると、今まで捉えていた感覚と違った感覚が湧いてくる。
その感覚を言葉に、歌に乗せてみる。

「毎日違うのはどうしてですか?」
という、観て下さったフランス人の方からの質問に
恐る恐るそんなことを話してみた。
なるほどって言ってもらえたから良かったけど・・・(^^;

この芝居を通して色々な方と知り合い、
共に創造し、濃厚な時間を過ごすことができました。
それは間違いなくわたしの財産です。

みなさん、本当にありがとうございました!!
ここまで読んでくださったことにも感謝します(^^)
中村、少しでもいい役者になれるように、これからも頑張ります。

人気blogランキングへの扉
↑応援にポチっとお願いします☆
【記事編集】 18:07 |  お仕事情報| トラックバック:0 |  コメント:7 |  Top↑
カトリーヌ通信
2007.04.08 (Sun)
出演中の芝居、「私もカトリーヌ・ドヌーブ」
早いもので明日、千穐楽です。

早い?

いや、やっとかなぁ(。。;
長かった。

今振り返ると早かったような気もするけど、

長かった気もする・・・。
今回、地方公演じゃないのに
2回、ホテルに泊まってしまいました。
1回目は初日、となりのママ役の神野さんとうちのママ役の河野美音子ちゃんと。
2回目は6日、神野さんと二人☆

泊まってよかった・・・。
ちょっと体力的に助かった。


連日本当にたくさんの方に観ていただけて
とっても有り難い!!

みなさん、本当にありがとう!!

今日は、四季の時の友達が来てくれて
「(役として)何がしたいかがわかった」
って言ってくれて、とっても嬉しかった。

すごく救われました。

明日の本番がんばります!!!

人気blogランキングへの扉
↑応援にポチっとお願いします☆
【記事編集】 01:30 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:11 |  Top↑
カトリーヌ 幕開き!
2007.04.06 (Fri)
「私もカトリーヌ・ドヌーブ」開幕しました!
そしてもう半分の公演が終了!

たくさんの方にご観劇いただき、とっても幸せです!!

稽古でもそうだったけど、本番になっても
毎日即興をやっているみたいな感覚。

事実ピアノを弾くところは決まっているのはコードだけですから。。。
こんなどきどきハラハラの舞台、なかなか経験できない(^^;

これからの方、お楽しみに~(^^)

人気blogランキングへの扉
↑応援にポチっとお願いします☆


【記事編集】 00:28 |  お仕事情報| トラックバック:0 |  コメント:5 |  Top↑
明日初日です!!
2007.04.03 (Tue)
いよいよ「私もカトリーヌ・ドヌーブ」の幕が開きます。
明日もGPしてから本番。
長丁場だけど乗り切るっ!

役者は幕が開く瞬間に居合わせるために存在してるんだもん!!

みなさん、劇場で会ったらちゃんと声かけてくださいねー!!
【記事編集】 00:16 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:5 |  Top↑
劇場入り!
2007.04.02 (Mon)
あさってに初日を控え、
今日は劇場入りでした。

久しぶりの両国、シアターΧ。

劇場に入るとそこにはたくさんのフランス人!!

作家のピエール・ノットさん、妹で歌手のマリー・ノットさん
画家のクリスティアンさんなどなど

フランス色に包まれた劇場で
いよいよ

いよいよ始まるんだなーと、どきどき。


仕込みの後にノットさんの講演があり、
その後は楽しくおしゃべり。片言の英語で(^^;

今回の芝居、夜の部はわたしたちの公演の後にマリーさんの特別ライブが予定されています。
今日はその一部が披露されました。

マリーさんは「私もカトリーヌ~」の初演で「マリー」役を演じていたということ、
そして、わたしの役はその「マリー」。
見た目はとてもフランス人にはなれないけど
わたしなりのマリーで挑戦っ!
「本物」を目の前に昨日はかなり緊張したけど、
今日は楽しくおしゃべりして、かたい握手をしました☆

それから、劇場にいらした方はぜひぜひロビーにある
クリスティアンさんの絵を見てください!
日本が大好きな方で、ユーモアと愛情あふれる楽しい絵がたくさん展示してあります。
劇場にはぜひぜひ余裕を持ってお越しくださいませ~!!

人気blogランキングへの扉
↑応援にポチっとお願いします☆


【記事編集】 00:04 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:5 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。