2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
夏が終わっちゃった
2008.09.12 (Fri)
今年は花火を見に行かれなかったなぁ。
海は見に行かれた。
セミが家の中に入ってきて一晩中うるさかったなぁ。。。

田無の学校で夏休みの講習会みたいなものをやって、生徒さんたちがすっごい頑張ってくれたなぁ。

・・・あ、大塚の阿波踊りをちょっと見に行かれた。一緒に踊りたかったなぁ。

基本的に暑いのが嫌いな私は夏も好きじゃない。
秋生まれだし(旧暦では冬?)秋が好き。

でも夏の暑さが落ち着いてくると、ふっと寂しさのようなものが込みあげてくる。
外でプールに入るのが寒くなってくると、妙に寂しくなった小学校の頃の感覚がよみがえってくるみたいな。

私の地元は8月の末にお祭りがあるから、それが夏の締めくくりみたいな感じで、
宿題終わらなかったらお祭りは行かせません!なんてよく言われてたりして、
私にとってはほんとに夏の最大のイベントだった。終わった時の寂しさと言ったらなかった。

高校の途中からは合宿が重なったりしてなかなか行かれなくなってしまったけど、
今年は昼間に友達とぶらぶらできたりして、しかも、久しぶりに地元のお神輿も見れたりして、
随分とお祭り気分を味わえた。

最近観た映画「能登の花ヨメ」も、震災で中断してしまったお祭りを復興の一歩に再開しようとするシーンがある。

お祭りって、本来の祀りとかなんとか祈願って意味より、民衆の「大事なもの」っていうことなんだろうなぁ。

出演させてもらった「眉山」のクライマックスも徳島の阿波踊りだったし。劇団四季の「南十字星」も大々的に祭りのシーンがあるし。演劇にも映画にもたくさんある。

・・・って私がお祭りについて語るまでもないか(^^;


全然関係ないですけど、最近観た映画でおすすめだったのが、
「能登の花ヨメ」もそうだし、あと、「コッポラの胡蝶の夢」。
「コッポラ・・・」は最愛の彼女との愛を絶ってまで研究に没頭してきた年老いた言語学者が、その研究を終えられないまま、命を絶つための旅に出ようとするところから始まる。
雷に打たれ、本来なら即死状態なのに、ぐるぐる巻きの包帯の下から現れたのは若返った言語学者。研究がどんどん進み、かつて失ってしまった彼女にそっくりの女性も現れる。その女性も研究を進めていく上で重要な存在となっていく・・・。
おすすめです☆

スポンサーサイト
【記事編集】 10:08 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:1 |  Top↑
無事終了!
2008.09.04 (Thu)
池袋ミュージカル学院の卒業公演が無事に終わりました。

学生時代にダブルスクールしていた、言って見れば母校ですから
いつまでも変わらない卒業公演の雰囲気は本当に懐かしいものです。

自分の原点が変わることなくそこにあってくれるって本当に有り難いですね。

ことあるごとにそう思ってしまいます。


そんな懐古的なムードに浸ってみたりもしましたけど、今回劇場に張り付いていた本来目的は
自分自身の勉強のためでした☆

観れば観るほど自分に足りないところが見えてくる。
でもそれを解決する手段なんて正直すぐにはわかりません。
これからが私の勉強です。

さあて、頑張るか☆☆☆
【記事編集】 11:31 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。