2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
利尻&礼文
2009.05.27 (Wed)
20090527234935
3日間で利尻島と礼文島に行ってきました。

傷心旅行じゃありません。すっごい久しぶりの家族旅行です☆

北海道は小学校3年以来。
まず羽田から稚内へ。
久しぶりの冷たい空気。
季節が逆戻りです。

稚内から利尻島へ。
一泊して、翌日は礼文島。
翌朝早く稚内へ戻り、羽田へ。

島を周るのでちょっとハードな行程ではありましたが、
利尻島ではレンタカーで気持ち良くドライブし、
礼文島では見たいお花をじっくり見ながら歩き、とんでもなく綺麗な海を堪能し、
野生のアザラシまで見て盛り沢山でした。

日の入り19時、
日の出4時、
これもちゃんと見ました。
写真は礼文島での夕日です。
お天気にとことん恵まれた最高の旅でした。

礼文島での夜は流れ星付きだったし☆

そして宿がとっても良かった!
礼文島の最北端にスコトン岬という所があって、そこの民宿に泊まったのですが、
従業員の方たちが皆さん心温かい方ばかりで、お食事もすごく心のこもっていて豪勢でリピーターになりそうです。
お食事といえば、
始め、稚内に到着してから利尻島へ渡るフェリーまで時間があったので、お昼を食べたのですが、そこでいきなり北国のご馳走!
うに、カニ、タコ、ほっけ…
このラインナップは旅の最後までほぼ毎食と言っていいほど登場しました。
どれもすごくおいしかったけど、その中でも民宿スコトン岬は最高でした!

楽しい旅はあっという間でした。
空、海、花…とにかく日本最北の大自然を満喫した3日間でした!

厳しく長い冬があるからこそ、残されている自然。
いい所だけ味わって来てしまいました。

本当に素敵な体験をさせてもらいました☆
スポンサーサイト
【記事編集】 23:49 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
最北!
2009.05.25 (Mon)
20090525165137
礼文島にやって来ました〓
日本最北限〓

こんな遠くまで来ちゃった〓
【記事編集】 16:51 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
これは
2009.05.24 (Sun)
20090524201633
利尻富士。
笠を被ったような雲。
刻々と姿を変えるのが面白い〓
見るものどれも絶景です〓
【記事編集】 20:16 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
2009.05.24 (Sun)
20090524162713
今、稚内港を出て利尻島に向かってます〓
【記事編集】 16:27 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:3 |  Top↑
出航します!
2009.05.24 (Sun)
20090524152937
さて、どこでしょう〓
【記事編集】 15:29 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:2 |  Top↑
舞台『眉山』出演します!
2009.05.17 (Sun)
久しぶりの更新になってしまいました

舞台『眉山』の再演に出演させていただきます

原作:さだまさし 脚本:齋藤雅文
演出:栗山民也 テーマ音楽:さだまさし
主催:明治座 テレビ朝日
制作:明治座 シーエイティプロデュース
企画:シーエイティプロデュース
協力:幻冬舎 さだ企画 徳島市

出演: 宮本信子 黒谷友香
山本 學 石倉三郎 熊谷真実 高橋和也
正司花江 曽我廼家文童 他 (敬称略)

今回は東京だけでなく名古屋、徳島にも公演があり、あつーい夏になりそうです

公演期間は

【東京】
8月1日(土)~18日(火) 明治座

◇開演: 昼の部 11:30/夜の部 15:30
◇ご観劇料: A席 12,000円 / B席 5,000円

【名古屋】
8月22日(土)~27日(木) 中日劇場

◇開演:昼の部 11:00 / 夜の部 15時30
◇ご観劇料:S席 12,000円 / A席 10,000円 / B席 6,000円

【徳島】
9月11日(金)~13日(日) 徳島市立文化センター

◇開演:昼の部 11:30/夜の部 16:30
◇ご観劇料: S席 8,500円 / A席 7,500円 / B席 6,500円

チケットお申し込み
tkts-net@hotmail.co.jp (中村ひろみ宛)

宮本さん演じる ”神田のお龍” の熱い想い
母として、女として・・・
母の末期がんを宣告されたことから、娘 咲子はその想いの路を辿ることになります。

さだまさしさんの切なくあったかい音楽は、優しい想いになり、
熱狂的な阿波踊りの場面は、お龍さんの女としての熱い想いに触れるようです。

この作品に出会い、出演させていただけることが心から嬉しいです。
本当に大好きな作品です。

ぜひ、劇場にいらしてください。










【記事編集】 18:21 |  お仕事情報| トラックバック:0 |  コメント:3 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。