2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
映画『眉山』を見ました
2007.06.29 (Fri)
泣きまくってしまいました。

徳島の町並みを見守っているかのような眉山。
その向こうに瀬戸内海。

母が愛媛県出身なので、瀬戸内海にはなんだか思い入れのようなものがあり、この風景だけでも大きなスクリーンで見てよかったと思ってしまいました。

さだまさしさん原作の母娘の物語。
ちゃきちゃきの江戸っ子で自律心の塊のような母親。
誰にも弱みを見せない。
もちろん唯一の肉親である娘にも。

弱みを見せられたら
「お母さんも自分と同じ人間なんだ」って思えるのに
この母親は全く弱みを見せない。
当然、娘はそれを寂しく思う。
でもその血はしっかりと娘にも流れていて
職場ではクールに仕事をこなす。
母にはつい強い口調で自分の思いをぶつけてしまう。

物語は母が入院して娘が徳島に帰るところから始まる。
全身に癌が転移していることを医者から告げられる娘。

そのシーンを見ながら、
祖父が肺がんと分かったときのことを思い出してしまう。
「いつ急変してもおかしくない」という台詞もあった。
祖母が亡くなる直前に全く同じ台詞を聞いたことを思い出した。
ここ1~2年の自分の身の回りに起きたことがリンクしてしまう。

そんな中、亡くなったと聞かされていた父親がまだ生きていることを知り、父親探しをする。
父親探しをする中で、母を理解していく様子が描かれ、何度も泣かされてしまう。

そしてこの物語のもうひとつのテーマが献体。
献体とは亡くなった後、医大生の解剖実験に遺体を提供すること。

献体がなければ医者が育たない。
医者に恋をした母が最後にとった行動だった。

これも、わたしにとってはとても身近な問題だった。
遺体を解剖する理由は種々あるけれど、どれをとっても遺族は複雑な思いを乗り越えなくてはいけない。

この眉山という映画は自分にとってとてもリアルな部分が多い。
焦点が母娘からブレることなく、自然に父のこと、娘の恋、献体のことなどが織り込まれている。

そしてなんと言ってもクライマックスの阿波踊り。
間違いなく阿波踊りを見たいと思ってしまうと思う。
男性の雄大でいて自由な踊り、女性の整った色気のある踊り。
迫力なんてものではない。
呑みこまれてしまう。

そして号泣してしまった(^^、)

ネタバレしちゃったけど泣きたい方、観に行ってください。
お勧めですっ!

人気blogランキングへの扉
↑こんなわたしですが、応援してください♪ポチっとお願いします☆

スポンサーサイト
【記事編集】 01:57 |  今日のぴろりん| トラックバック:0 |  コメント:7 |  Top↑
コメント
ひろみさんの熱い映画解説に引き込まれてしまった(笑)
映画館で泣くのは恥ずかしいのでDVD化されたら自宅でたっぷり号泣させていただきます♪
Position |  2007.06.29(金) 06:54 | URL【コメント編集】
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.06.29(金) 17:35 | 【コメント編集】
多分号泣してしまいそうなので、今回は遠慮しておきます。
今は楽しい映画が見たいです。何もかも忘れられるくらいの・・・
万丈 |  2007.06.29(金) 22:23 | URL【コメント編集】
■positionさんへ
ついつい熱くなってしまいました(^^;
DVDで思いっきり泣いてくださいっ!
ひろみ |  2007.06.30(土) 23:23 | URL【コメント編集】
■万丈さんへ
そんなに忘れたいことが・・・!?
ぜひぜひ楽しいものを見てくださいっ(><)
ひろみ |  2007.06.30(土) 23:25 | URL【コメント編集】
■眉山
公開の前にこの映画の関係で徳島に出張していたのですが、帰りの美しい島々に夕焼けが素晴らしかったです。
そんな私の母も愛媛県今治出身で、今年は先祖の墓参りに行こうと計画しています。
PIECE |  2007.07.01(日) 00:17 | URL【コメント編集】
■PIECEさんへ
愛媛つながりですねっ!!
瀬戸内海の島々ってなんであんなに絵になるんでしょうか(^^)大好きです!
ひろみ |  2007.07.03(火) 22:39 | URL【コメント編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。